このたびの豪雨により被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
「できること」と「困りごと」をつなぐスキルシェアコミュニティのtakk!では、被災地域での「困りごと」と、支援を希望する方の「できること」をつなぐ特設サイトを開設いたしました。被災された方が「困りごと」を登録すると、支援希望者からの申し込みを受け付けられます。

被災された方へ
例えば「清掃を手伝ってほしい」「タオルが必要」など、誰かの助けを必要としているときに、「困りごと」を登録してみてください。オファーを受け取ったら、送付先や条件について相談の上、物資やサービスを受け取ってください。
住所を公開するのに抵抗がある場合には、Amazonのウィッシュリスト(作成方法はこちら)を作ってURLを貼っておくと、住所を公開しなくても物資の支援を受け取ることができます。
※注意点※
記載の地域へのお届けは、Amazon経由では届かないことがあります。配送網が回復するまで、お待ちください。

困りごとを登録する
支援者の方へ

ぜひ、被災地の皆様の「困りごと」をご覧になって、できそうなことがあればオファーを送ってみてください。

直接のお手伝いが難しい場合は、物資の支援もできます。Amazonのウィッシュリストが登録されている場合は、購入後、Amazonから直接支援物資が送られます。その場合には「これを送ったよ!」とtakk!を通じてオファーを送っておいていただけると、被災地の方が受け取った後、お礼のメッセージのやりとりをすることができます。

※注意点※
現地で直接「できること」で支援するときは、ボランティア保険などに加入することをおすすめします。ボランティアの押し付けは、被災者の迷惑になることがあります。きちんと事前にやりとりをして、お互い納得の上で訪問するようにしましょう。
被災地域の近くにおられる支援者・支援団体の皆様へ

お近くで、物流が途絶えたり、インターネットがつながりづらかったり、直接支援が届きづらい地域が局所的にあるかと思います。もし、お近くに困りごとがある被災者さんがおられましたら、代わりに困りごと登録をして、届けてあげることもできます。

近くにおられるからこそ、被災地で本当に必要なものが見えているかと思います。知恵を貸してください。

takk!について

takk!では、SNSでつながっている「友達」や「友達の友達」の困りごと・できることを優先して見ることができます。ぜひ、自分に近い人たちや、SNSで知っている人たちの「困りごと」をサポートしてあげてください。

「takk」は北欧の言葉で「ありがとう」の意味。顔が見えるつながりの中での頼り合いが生まれるようにと作られたサービスです。「できること」や「困りごと」を登録することで、お互いに頼みごとをしやすい関係を増やすことを目指しています。

使い方

困りごと登録するとき
  • 困りごとを登録
  • オファーを受ける
できること登録するとき
  • できることを登録
  • 頼みごとを受ける
  • 価格・詳細を決めて、決済・取引を実施
  • ありがとうメッセージを送る・受け取る

特徴

SNSのつながりから
SNSのつながりから

頼れる・頼られる つながりが生まれる!

困りごと・できること
困りごと・できること

両方登録できて マッチングしやすい!

価格設定は自由
価格設定は自由

相手によって価格を 決めて決済できる!

困りごとを登録する
困りごと一覧